Hugoでブログを書く

SNSとに投稿するのも楽しいんだけど、他所様のプラットフォームの上で踊ってる感じもするので、自前でブログを書こうと思って、はてなブログのテーマを作る環境とか作ってたんだけど、そいえばGoで書かれたHugoというStatic Site Generatorが気になっていたんだってことで、インストールして使ってみる事にした。

インストール

go get -v github.com/spf13/hugo

でインストールして

hugo new site SITENAME

でサイトのテンプレートを生成する。

設定ファイルはTOMLっていうので書く。 TOMLってなんやとおもって検索したらmojomboさんでてきた。 Goではよく使われる形式なのかな?YAMLとかJSONでも設定できるみたいだけど。

とりあえずvimでシンタックスハイライトされたいので vim-toml も入れる。 あとはこの辺みながら設定。タイトルとかパーマリンクとか設定した。

記事を書く

hugo new FILENAME

でファイルを作成。拡張子も書く必要があるので hugo new filename.md とかする。 生成されたファイルにはfront matter形式で個別の設定が書ける。生成されるファイルの雛形はarchitypeってディレクトリに置く。

ビルトインサーバもあるので

hugo server 

ってするとブラウザで確認できるし、 -wでファイルの変更を検知してリロードしてくれる。

記事書きながら使うのは

hugo server -wvD

かな(watchしてverboseして下書きを出力する)

Sassとか

最近はめっきり素のCSSを書くのがしんどくなってきたので、Sass使いたいし、他にもいろいろ自動でやってほしいってことで、とりあえずgulpでsassとcoffeescriptとか、browsersyncとかをうごかすようにした

とても面倒だったのだけど、テーマ作る時くらいしか使わないので、無駄な努力だったかもれしれない…。

テンプレート

layoutsってディレクトリに_default/single.htmlと_default/list.htmlというを作ればとりあえずは動く。

AceっていうJadeとかSlimみたいなテンプレートエンジンが使えるっぽかったんだけど、構文とか調べながら書くのがダルいので、無難にGo Templateにした。

デプロイ

GitHub Pagesへデプロイする手順とか見て設定。 そのうちワッキャーでgithubにpushしたらデプロイしてくれるみたいにしたい。